M&A NEWS

M&Aに関する話題のニュースを
ご紹介いたします

  1. HOME
  2. M&Aニュース
  3. ソフトバンクグループ、スーパーセル株式を中国のテンセントグループに7,700億円で売却

ソフトバンクグループ、スーパーセル株式を中国のテンセントグループに7,700億円で売却

ソフトバンクグループは6月21日、同社子会社(Kohon 3 Oy及びSoftbank Group Capital Limited)が72.2%の株式を保有するSupercell Oy(以下「スーパーセル」)の全ての株式を、Tencent Holdings Limited(以下「テンセント」)の関係会社に約73億米ドル(約7,700億円)で売却することについて、当事者との間で合意したと発表した。また、株式譲渡日までに、約4億米ドル(役430億円の配当金をスーパーセルから受領予定とのこと。

 

 

テンセントは、中国を拠点にソーシャル・コミュニケーション、PC及びスマートフォンゲーム、動画及び音楽配信などの付加価値サービスをインターネット上で提供する大手インターネット企業。一方のスーパーセルは、フィンランドを拠点にモバイル端末向けのゲーム事業を展開しており、2013年10月末にソフトバンクグループの子会社となった。

 

ソフトバンクグループによれば、本取引の目的は、「ソフトバンク2.0」に向けた取り組みの一環として、財務体質の強化を含め、規律ある資本配分の最適化を推進するためとのこと(ソフトバンク2.0へ向けた取り組みについて http://www.softbank.jp/corp/news/press/sb/2015/20150511_07/ )。

 

本取引に置いて、スーパーセル全株式の価値は総額約102億米ドル(約1.1兆円)と見積もられている。ソフトバンクグループが子会社を通じて行ったスーパーセル株式への投資に対するリターンは、これまでの受取配当金と合わせ、投資額の2.9倍に当たる合計約84億米ドル(約8,800億円)で、IRR(内部収益率)は93%となる。

関連M&Aニュース